東大阪市、大阪市、八尾市、大東市の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)東大阪市ステーション

東大阪市ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】土日祝日【電話番号】072-951-7185

東大阪市ステーション

高齢者の低栄養対策のための食生活とは
2021年02月22日

高齢者になると、食事はきちんと摂り健康的であっても、若いころに比べると加齢とともに筋肉量や骨量は減少していきます。低栄養状態は筋肉量の減少が現れ、それにより転倒しやすくなってしまうため、骨折の危険性は増加します。
栄養不足の状態が続くと血液中のアルブミンなどのたんぱく質が減っていきます。それにより免疫機能が低下し、風邪などの感染症を引き起こしやすくなり、認知機能の低下や創傷治癒遅延となり、これらがいくつも重なると寝たきり状態や死に至る危険性も出てきます。
高齢者の低栄養の対策として、元気で長生きのための食生活という内容で、以下15項目があります。

低栄養を予防し老化を遅らせるための食生活指針
1. 3食のバランスをよくとり、欠食は絶対さける
2. 動物性たんぱく質を十分に摂取する
3. 魚と肉の摂取は1:1程度の割合にする
4. 肉は、さまざまな種類を摂取し、偏らないようにする
5. 油脂類の摂取が不足にならないように注意する
6. 牛乳は、毎日200ml以上飲むようにする
7. 野菜は、緑黄色野菜、根野菜など豊富な種類を毎日食べ、火を通して摂取量を確保する
8. 食欲がないときはとくにおかずを先に食べごはんを残す
9. 食材の調理法や保存法を習熟する
10. 酢、香辛料、香り野菜を十分に取り入れる
11. 味見してから調味料を使う
12. 和風、中華、洋風とさまざまな料理を取り入れる
13. 会食の機会を豊富につくる
14. かむ力を維持するため義歯は定期的に点検を受ける
15. 健康情報を積極的に取り入れる

これらを日々の食生活に気を付けていくことで、低栄養を予防し、健康寿命を延ばしていくことができます。
特にひとり暮らしの方はこうした自己管理が大変です。おひとりおひとりに応じて、食事や生活面でのアドバイスをさせて頂きます。
お気軽にご相談ください。

健康保険適用 KEiROW東大阪市ステーション 072-951-7185

前の記事はありません
医療保険適用 訪問医療マッサージ KEiROW 東大阪市ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】土日祝日 【電話番号】072-951-7185

【対応エリア】東大阪市、大阪市、八尾市、大東市

Copyright KEiROW 東大阪市ステーション. All rights reserved.